毎年もらう謎の紙!源泉徴収票とは何かを分かりやすく簡単に紹介

withholding-tax-certificate経理&事務

年末になると会社から源泉徴収票という謎の紙をもらいますね。

「年末だから1年分の給料を親切に教えてくれてるのかなあ。。」

てな感じで、そんなに気にしない人。

気になってググったけどよく分からなかった人。

そんな方に超ざっくりと源泉徴収票の内容とポイントを説明します。

ベテラン経理
ベテラン経理

この記事を書く私は、小さな会社で10年以上源泉徴収票を作成しています

謎の紙 源泉徴収票は、なぜ渡されるのか?

源泉徴収票とは、会社が給料から天引きしてあなたの税金を払っておくよというお知らせです。

1月1日から12月末までの1年間の給料と賞与の合計(青字部分)から、

各項目を調整して税金(赤字部分)が計算されます

この計算過程の内容が、この源泉徴収票には記されています。

会社はあなたにお給料をこれだけ払って(青字部分)

これだけの税金を払っておきましたよ(赤字部分)

という感じです。

私も会社員
私も会社員

会社員じゃない人は、自分で計算して自分で税金を払います。

源泉徴収票には、手取り額が載っていないという罠

青字部分はいわゆる額面金額とよばれるもので、手取り額ではありません。

あなたの通帳に振り込まれた実際のお金は、この紙のどこにも載っていません。

この紙の主役は所得税です!

謎の紙と向き合う女
謎の紙と向き合う女

こんなに数字が載ってるのに知りたいことが載っていない

手取り額の合計は、毎月の給料明細か通帳を自分で確認する方が早いです。

源泉徴収税額ってなにさ??

源泉徴収税額とはあなたの所得税の事で、会社が給料から天引きしてはらっておいてくれるものです。

所得税は次の手順で計算されます

  1. 1年分の給料賞与の合計(青字部分)から
  2. 個人の諸事情を差し引き(社会保険料控除申告書とか、年末に提出するやつ
  3. 残った金額に税率をかける

つまりは、

「君は子供がいて大変だから、税金安くしとくよ」

「家買って大変だから、税金安くしとくよ」

みたいな調節してから、税金を決めるわけです。

というわけで、年末になって初めて所得税の金額が確定します。

年末の給料でちょっとお金返ってくるのはなぜ?

所得税は毎月だいたいの金額を給料から天引きします。

ちょっと多めに天引きされているケースが多いので、

多めに払ってしまった所得税正確に計算が出た所得税(=赤字部分)の差額が、最後の給料で戻ってきます。

源泉徴収票は100%合っているとは限らない

所得税の計算は給与計算と同じように、経理担当や会計事務所が行なっています。

最終的な所得税は会計ソフトで計算されることが多いですが、

年末調整書類の入力など、その過程において人の手が加わります。

つまりは、間違う事があります。

間違っていても誰も気づかない&バレないので、そのままミスがお蔵入りするケースがあります。

実際に現場で、経理担当が間違っているのを発見した事があります。

会計事務所の人が間違えているのも発見した事があります。

個人で気づくのが難しいので、間違いがそのままになりやすいです。

合っているかの確認は結構難しいですね。

私からおススメする確認方法は、去年の源泉徴収票と比べる事

です。

毎年の給料は大きく変わらないと思いますが、

  • 家を買った
  • 子供が生まれた
  • イデコを始めた

など、ライフスタイルに変化があったとき(年末調整書類で提出したものが反映されているか)

去年と比べて税金が安くなっているか確認しましょう。

そもそも税金がよく分からない

そもそも税金ってよく分かりませんよね?

かつての私はそうでした。

税金って1つじゃなくて、いろんな種類があります。

給料から天引きされているのは、以下の4つです。

  1. 所得税
    ⇒税務署が管理 
  2. 住民税
    ⇒市町村(市役所)が管理 
  3. 社会保険料(健康保険)
    ⇒健康保険組合などが管理(保険証に書いてある)
    社会保険料(年金保険)
    ⇒年金事務所が管理
  4. 雇用保険料
    ⇒ハローワークが管理(失業保険とか)

40歳以上は介護保険も登場します。

今回の源泉徴収票は、1.所得税の件でしたね。

管轄とかどうでもいいから、1つにしてくれヨって感じもしますね。

分かりづらいのは税金の罠かもしれないので、
あきらめずに是非ついていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました