【簿記1級に受かった勉強法】積極的スキマ時間勉強法

スキマ時間勉強のスケジュール簿記

勉強する時間は結構あるのに、やる気が起きない。

1日中勉強したのに、そんなに覚えていない


事って結構ありませんか?

資格取得を目指す社会人の悩みとして、

勉強する時間がない事ばかりに焦点があたりがちですが、、

時間さえあれば勉強って出来ますか?

ぷんすか
ぷんすか

この記事を書く私は、仕事をしながら簿記1級を取得しました。

積極的スキマ時間勉強法とは

積極的スキマ時間勉強法とは、スキマ時間を利用するのではなくスキマ時間で勉強する方法です。さらに言うとスキマ時間でしか勉強しない方法とも言えます

私はこの方法で簿記1級に合格しました。

というのも私自身が、調子が良くても1時間以上集中して勉強できないタイプだからです。

簿記1級の勉強中はすでに社会人でしたが、

仕事が終わった5時以降、土日祝日など結構勉強に使う時間がありました。

ですが、勉強時間と知識が比例してなくね、、

と感じ、スキマ時間でしか勉強しない方法にチェンジしました。

集中力が切れている事を意識する

「人の集中力は45分しかもたない」

など昔から言われています。

最近ではもっと短くて

「仕事は25分間に1回5分の休憩を入れよう」

なんてことも言われているようです。

集中力が1時間も2時間も持たないことはもはや常識です。

ですが、予備校の自習室や図書館など行くと、皆さん長い時間続けて勉強していますね。
ワタシもそうでした。

集中力が切れて教科書を開いているだけ、文字を眺めているだけの状態で2時間。

「ああ2時間も勉強しちゃった」

と満足していました。

休憩時間5分でホントに回復してます?

休憩時間も5分とか10分が普通ですが、

その5分でホントに頭はリセットされているのでしょうか?

ちゃんとリセットできる人もいるし、時と場合によったりもします。

ワタシの場合、5分では全然足りませんでした。

特に、めちゃめちゃ集中して難しい問題を解いたあとなど、とても5分では回復しませんでした。

5分休憩で回復しないまま、またダラダラ1時間勉強するのと、

25分休憩を取り40分集中して勉強するの場合、

後者の方が断然イイ

と私は思います。なぜなら

  • 頭に残る
  • 楽しい
  • 休憩中、他の事もできる

からです。

ながら勉強のススメ

  • 机に向かって勉強していると、いつの間にか関係ないことを考えてしまう
  • 授業中、前の人の髪質が気になってしょうがない 

なんて経験ありませんか?

机に座っていると、逆に集中できないことがあります。

暗記や復習事項などは机に座ってやるより、

他の事をして身体を動かしているときの方が覚えられたりします。

例えば

  • 洗濯物をたたむ時
  • トイレに入る時
  • 階段を上る時
  • レジで会計を待つ時
  • パソコンが立ち上がるのに時間かかる時、、等

チャンスは無限にあります。

ほんのちょびっとの時間でも狙っていきます。


頭に暗記事項を1個いれる ⇒ 動作 

を繰り返します。メモなどは持たずに、手ぶらで動作するのが良いでしょう。

パソコンが立ち上がるまでなんて一瞬過ぎて何も覚えらないと思うかもしれませんが、

「中途半端だと気持ちが悪いので、パソコンが立ち上がった後もちょっとやってしまう。」

事がポイントです。

つまり短い時間ですが、勉強したい状態を作ります。

まとまった時間をわざわざ分割する

「集中してなきゃ意味がない」ので、1時間以上集中できない自信があった私は、

まとまった時間をあえて分割しました。

1日勉強に使える日でも最低限やらなくてはいけない事はありますよね。

  • 歯を磨く、着替えるなど身支度
  • 食事
  • 掃除
  • スーパーに行く

など、これらを勉強の合間に入れていきます。

勉強以外の事は、全て気持ちを切り替えリフレッシュするための時間です。

朝イチで食事⇒身支度⇒さあ勉強 

より 

勉強⇒食事⇒勉強⇒身支度⇒勉強 

の方が脳が疲れず勉強できます。

長時間集中して勉強できる=ゾーンに入っている

ときは、もちろん分割する必要はありません。

ゾーンに入れないとき(私はいつもそうですが)

勉強時間を他の用事で区切ります。

積極的スキマ時間勉強法は、スキマ時間を活用するのではなく、
スキマ時間をあえて作る勉強法です。

キリのいいところまでやらない

「教科書のこの章を読み終えたら休憩しよう」

のような勉強の仕方をしていませんか?

このとき、

この章を理解するより、読み終わる事が目的になっている事が多いです。

「頭が疲れた・あきてきた」

と感じたら中途半端なところでも中断します。

すると続きが気になって後から勉強したい気持ちにつながります。

キリの悪いところで終わっている気持ち悪さ

次の勉強を始めるきっかけに利用します。

勉強を再開しても、また最初から読まなくてはいけなかったりするので、

必然的に復習する事になり、記憶が定着します。

ぷんすか
ぷんすか

どこまでやったか分からないなら、覚えてない証拠

まとめ

積極的スキマ時間勉強法とは、自分の集中力と勉強したい気持ちに焦点をあてる勉強法です。

時間があるから勉強できるという程、私たちの頭は単純ではありません。

もちろんコントロールできる人もいるかもしれませんが、

多くのそうでない人達は是非

「積極的スキマ時間勉強法」

を試してみてくださいね。

高い合格実績で選ぶなら資格の大原 簿記1・2級講座

高い合格実績で選ぶなら資格の大原 簿記3級講座

ワタシが簿記試験で実際使っておススメの電卓はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました