事務地味ハック:会社の郵便物は受取拒否を活用

カタログ経理&事務

世の中がこれだけ進化しても、

会社に郵便物ってちょこちょこ来ますよね。

  1. 開く
  2. 中身を確認
  3. 不要なら捨てる

地味にメンドクサイ。。

せめてどうでもいい DM だけでも

受け取り拒否をしてはいかがでしょうか?

こちらの記事では、郵便物の受け取り拒否の方法と

できるだけ郵便物に労力を使わない方法を紹介します。

小さな会社の<br>経理事務
小さな会社の
経理事務

郵便物と向き合い早10年

郵便物地味ハック1:DMの受け取り拒否

郵便物の受け取り拒否は、したことありますか?

超簡単にできます

  1. 届いた郵便物を開封せずに受取拒否と書く(封筒にメモをはってあげる)
  2. ハンコもしくは署名をする
  3. ポストに投函(配達や窓口の人に手渡しでもOK)

受取拒否をすると送り主に返送されるので、

その後届くことはないでしょう。

DM は、これでガンガン拒否しましょう。

マメに<br>拒否する女
マメに
拒否する女

いずれ何もこなくなる。

郵便物地味ハック2:封筒の宛名シールを使わない

封筒の宛名シールを自作していませんか?

  • 宛名シール台紙を注文
  • 宛名を自作
  • シールを貼る

手書きよりはマシですが、地味に面倒くさいですね。

コピー機がイケてるなら、

封筒に直接印刷してしまったほうが早いし、美しいです。

封筒印刷がうまくできないコピー機なら諦めてください。

コピー機の匠
コピー機の匠

イケてないコピー機を職人のように使いこなす事も可能だが

ちなみに宛名の手書きは住所を間違う可能性があるのでお勧めしません。

郵便物地味ハック3:1度に大量に送るときは、郵便物の窓口へ

月末だけ請求書を大量に郵送するなどの場合、

一つ一つ自分で切手を貼るより、

郵便局の窓口へ出してしまった方が早いかもしれません。

窓口の人が切手を貼ってくれます。

物により切手の料金が違うなら、料金を間違う事も防げます。

郵便物地味ハック4:切手は絶対シールタイプ

切手は絶対シールタイプを買いましょう。

切手を買うとき、

シールタイプをお願いしないと

水のりタイプを渡される

事があります。

なぜまだ水のりタイプが存在するのか?

また切手の種類は、いつでも使えるように季節を問わない柄が良いでしょう。

会社で使う場合、

アニメのキャラクターものなどは、

ふざけてると思われるかもしれない

のでやめた方が無難です。

(ちなみに切手をセロハンテープで貼っては、いけないらしい)

郵便物地味ハック5: 社名入り封筒をやめる

社名入り封筒を大量に頼んでいませんか?

社名入り封筒を使って、

  • 宛名を手書きする
  • 宛名シールを使う
  • 宛名を印刷する

なら、全部一緒に印刷すれば事足ります。

不特定多数に送る事が多くなければ、

社名入り封筒は不要かもしれません。

ちなみに個人では、自宅の住所スタンプを作って使っています。

郵便物はもちろんのこと、書類に記入するときなど便利です。

ただのハンコではなく、インクがついたスタンプタイプがおススメです。

郵便物地味ハック6: 意外と便利な'はかり’

はかりは郵便物の重さを測るのに意外と便利です。。

家で使わなくなったイケてないやつを会社に持ってきて常備しています。

郵便物の重さにより、切手の料金が微妙に分からない

ときってありますよね。

郵便局の窓口に行くのは面倒です。

はかり’を使ってしまえば常備した切手を貼って、

そのままポストに投函する事ができます。

郵便物地味ハック7: そもそも郵便物を減らす

郵便物はそもそも

  • 手間が、かかる
  • 時間がかかる
  • 普通郵便は、ちゃんと届いているか分からない

意外とトラブルの元です。

投函を人に頼むと、出し忘れているのに

「出しました」

といわれてしまう可能性も。。

郵便物の投函は絶対人に頼んではいけない

メールなどを使い、なるべく減らしましょう。

タイトルとURLをコピーしました