会社の電話に出たくない!迷惑な営業電話のさばき方

会社の電話経理&事務

小さな会社の事務職の主たる仕事は電話さばきです。

いかに営業電話を手際よくさばくか、、

電話が鳴らない1日は、とても快適です。

電話がならない1日を願う人
電話がならない1日を願う人

この記事を書く私は、日中ひとりで内勤をしています。

営業電話でリズムがくずされる

内勤がひとりの場合、

仕事の最中でも、メンタルは家でゴロゴロしている感じと、さほど変わりません。

そんなとき

電話が鳴るとハッと緊張感が走り、職場モードになります。

電話に出れる人は自分だけ、トイレにいても、急いで電話に出ます。

コップを洗っていても、泡をすかさず落とし、急いで電話に出ます。

そして出た電話が、ただの営業電話だと分かると、

「チッッ」

という気持ちになります。

平和なひとときが、価値のない電話に邪魔されるのは、大変不愉快です。

営業電話か大事な電話かの判断

営業電話と分かる判断が早いほど、緊張感から早く解き放たれます。

営業電話を判断するのに、次のステップを踏んでいます。

第一段階:フリーダイヤルは営業電話

フリーダイヤルは、ほぼ営業電話です。

液晶ディスプレイに0120と表示されていたら、気を抜いています。

かといって、スルーは絶対しません。

タイミングを変えて何度もかかってきてしまうから、さらにめんどくさい事になります。

第二段階:電話番号をその場で検索

電話を受けつつ、表示された電話番号をググります。

そうすると、発信元の会社が分かったり、迷惑電話サイトに投稿されている事があります。

この迷惑電話サイトは

「こんな人からこんなふうに電話がかかってきたヨ!」

と、かなり具体的に書いてあって、大変参考になります。

サイトに書いてある通りの展開だと、結構楽しめます。

第三段階:親しげな口調にだまされてはいけない

「〇〇ですけど、△△様いますか?」

いかにも△△様と知り合いであるかのように

小芝居を打って、なれなれしい感じで電話をしてくる人がいます。

「いつもお世話になっております。」

と、

いかにも取引があるような感じを出してくる人もいますが、よくある営業電話の手法です。

  • 社長の〇〇様、いらっしゃいますでしょうか?
  • 通信担当の方、いらっしゃいますでしょうか?
  • 備品管理の担当の方、いらっしゃいますでしょうか?

の3パターンが多いですね。

備品と通信の担当ご指名というのは、

  • コピー機を買ってほしい
  • インターネットの会社を変えてほしい

場合が、ほとんどです。

  • NTTから依頼を受けて、、
  • 電気の検針票の内容を確認したい、、

の2つは最近よくある営業電話です。

対応:困ったふりをする

100%営業電話だと判断できても、

横柄な態度やガチャ切りをしてはいけません。

ガチャ切りしたら、

「お電話がきれてしまいました~」

と再びかかってくる可能性があります(笑)

横柄な態度もNGです。

相手はこちらの電話番号を知っているので、今後嫌がらせをされるリスクがあります

嫌がらせをされる可能性は低いですが、わざわざ嫌われる必要はありません。

営業電話に出たら、

よく分からない電話がかかってきて、私も困っているという態度をとりましょう。

「社長はこちらに常駐しておらないのですが、、」

「〇〇の担当という者は、おらないのですが、、」

と困ってみてから、「ご用件はなんでしょうか」ときいてみましょう。

営業電話と判断できたら、相手がベラベラ話してる途中でも、

「営業電話はお断りするよういわれておりますので、失礼します~。」

といって、電話を切ってしまいましょう。

最初は丁寧に対応していた<br>
最初は丁寧に対応していた

10年以上この対応で問題なし

食い下がる相手もいる

  • 営業電話ではなく、ご案内です。
  • 営業電話ではなく、お知らせです。
  • 営業電話ではなく、ご確認です。

と食い下がるガッツのある営業電話もあります。

この場合

  • ご案内もお断りするよういわれてますので、失礼します~。
  • お知らせもお断りするよういわれてますので、失礼します~。
  • ご確認もお断りするよういわれてますので、失礼します~。

とよく分からない日本語で応酬します。

「何をいっているのか分からない」ときは、たいてい営業電話

何いってるかわからない、、

そう思ったら、大抵それば営業電話です。

営業電話に限りませんが、それっぽい事をさっきから流暢に説明しているけど、

「この人何いってるかワカラナイ」

と感じるとき、

相手は、本当の目的を隠してごまかしています。

話がフワッとしてて、何か違和感を感じる

そんなときは、相手にとって、どうなるとトクなのか?よく考えてみましょう。

営業電話に、お得情報は、ありません。

仮に言っている事が気になったら、一度ググってみましょう。

美味しい情報は、自分から取りにいかないと手に入りません。

仕上げは、着信拒否設定

上記の対応で、二度とかかってこない事が多いですが、

ガッツのある会社もしくは顧客リスト情報が更新されない会社の場合、

数カ月後、再びかかってくる事があります。

最後の仕上げに、着信拒否設定をする事をおススメします。

タイトルとURLをコピーしました