会社の人とラインしたくない!!ラインストレス対処法

スマホの1コマ漫画経理&事務

ここ数年スマホが急に普及して、ITに弱い年配の人もラインを使うようになりましたね。パソコンメールの時代をすっとばして、テキストメッセージでのコミュニケーションをラインからスタートした方たちが結構いらっしゃいます。Eメール時代は取り残されたけど、ラインが出来るようになって、みんなに追いつけた感じが嬉しいようです。この中には、コミュニケーションの距離感といいますか、テキストメッセージにおけるプライベートと仕事の使い分けが、上手くできていない人がいます。そんな人が、小さな会社では「会社の皆でライングループを使ったら便利じゃん!!」と言い出し、悲劇が起きるパターンがあります。

会っていないときも、上司に気を遣う

最初は仕事上の連絡だけだったラインも、慣れてくると、誰かひとりが(主に社長やえらい立場の人)が、ちょっとした冗談など、ついでにラインしてくるようになります。

しょうがないから部下がリアクションする。

送った人は、「ウケた!」と思い、度々しょうもないラインをするようになる。という悪循環が始まります。

どうでもいいラインに大事なラインが埋もれる

上記のような、どうでもいいラインが増えた結果、流し読みの癖がつき、業務上、大事な連絡の見落としが発生します。「仕事で使う」という本来の目的を失って、単なる雑談チャットが中心になってきた、、と思ったら、急に大事な連絡がきます。

プライベートとの境界線がなくなる

プライベートと同じノリで、休みの日でも夜遅くても構わず送ってしまう人がいます。

職場の人間は、プライベートでも会社の人と雑談したい人と会社の事なんか思いっきり忘れたい人、と、はっきり2種類に分かれています。前者が後者のプライベートをラインで攻撃してくるのは言うまでもありません。ラインは家族や友達と同じ並びに、会社があるので、プライベートのラインをチェックするタイミングで、一緒に会社の人のラインもついついチェックしてしまいますよね。夜遅くても、休みの日でも、なんとなく目にしてしまって、仕事の事を考えたり、気になって、対応してしまったりすします。

承知しましたの嵐

グループラインで皆が、「承知しました。」「ありがとうございました。」と入れ始めるとあっという間に未読マークが恐ろしい数に。。謎コミュニケーションです。。何も考えずに入れた最初の人。それを見て「自分も入れなきゃ!」と続く次の人。それを見て「えっ返信しないといけないの?」と悩む人。無駄な時間×人数=どえらい時間のロス。もちろん会社の生産性は、下がります。社長のラインに既読が80とかでも返信0だと皆が無視しているようで、気まずい空気になります。誰かなんか返信してくれーっと心配したりしますね。これもまた無駄な時間です。

職場ラインのルールが分からない

「おはようございます。」を入れるのか「〇〇です。」と名乗るのかそもそも決まりがないから、無駄に礼儀正しく長文ラインの人がいます。ひとりが礼儀正しい長文ラインを始めたが故に、それがローカルルールになる事もあります。挨拶などせず、「〇〇の件」で始めれば十分では、ないでしょうか。

誰だか分からない

ラインは、フルネームで登録していないので、最初は誰だか分かりません。かわいい愛猫アイコンの「たっくん☆」は、実はおじさんで、大真面目にラインで説教していても、愛猫アイコン「たっくん☆」越しの熱弁だったりします。自分のふざけたアイコンもこれ見よがしな感じがして恥ずかしい。。とはいえ、会社のために自分の登録を変更するのもイヤですよね。

誤爆が恐ろしい

会社のラインを恋人に送ってしまった、、ならまだしも、逆は相当恥ずかしいですよね。しょうもないラインに紛れる事はなく、誤爆ラインは、語り継がれます。定年するまで自分の代表作になる事でしょう。会社で面白い事はそうそう起こりませんので、誤爆ラインは、皆の大好物なのです。

解決法:デバイスを分ける

会社のラインがウザいときには、使ってないスマホや、PCなどを使って物理的なデバイスを分ける事をおススメします。プライベートと別にアカウントをとって、会社アカウントは、仕事中しか使わないデバイスを使いましょう。会社のパソコンなどが、ベストではないでしょうか。本当に緊急なときは、携帯電話に電話が来るから問題ありません。会社用のアカウントは、フルネーム登録して、アイコンは花とか草とかにしておきましょう。ひとつの電話番号でひとつのアカウントしかとれないので、会社用のふたつめのアカウントは実家の固定電話とかでとる必要があります。私は、ひとり事務員なので、会社の電話番号でアカウントをとりました。退職時には、アカウントは閉鎖もしくは、会社の人に引き継ぐつもりです。固定電話だと、認証ショートメールが受け取れませんが、対応可能です。登録した瞬間固定電話にかかってきて、自動音声で認証コードをいわれるので、そちらを登録する流れになります。

えらい人が会社でグループラインを作り出したら、もうとめる事は出来ません。「プライベートはラインしたくないです!」と鼻息荒く主張するより、静かにアカウントを分けましょう。。

アカウントを別に作れなかった人は、通知オフにして、せめてチェックするタイミングの主導権は握りたいですね。

タイトルとURLをコピーしました