新しい英語教育が失うもの

日本語力と英語力おススメ本

2008年から小学校でも英語教育が始まりました。

この本はそれより少し古い2004年に発行されたものですが、

とても面白かったので紹介したいと思います。

英語に興味がある人はもちろん、そうでない人も読み物として純粋に楽しめると思います。

文法軽視の「英会話ごっこ」でよいのか?

義務教育で何年間も勉強したのに、

ほとんどの日本人は英語が出来ません。

日本の英語教育は

読み書きはできるようになっても、聞けないし話せない

と言われ続け、近年は

読む書くより、聞く話す事が重視

されつつあります。

この本が書かれた2004年から8年経った今(2022年)も、その傾向は続いています。

例として、当時のある中学校1年生用の教科書の1節を挙げています。

Demi: Two hamburgers and two colas, please.
店員: Large or small?
Demi:  Large, please.
店員: For here or to go?
Demi: For here.
店員: Here you are. That’s five hundred and forty yen, please. 

ハンバーガー屋でのやり取りです。(円建てで支払うという事には目をつぶってください。)

この1説で学べる事は、アメリカで買い物する時、

「For here or to go?」=店で食べるかテイクアウトするか?

とのやり取りができるという事だけで、その状況でしか使えません。

旅行前にガイドブックを読めば十分で、

中学1年生の基礎として必要とは言い難いですね。

1つ使えるフレーズを覚えたなぁという気がしますが、

ただの英会話ごっこともいえます。

英語シャワーの幻想

「日本語を覚える時のように、とにかく英語のシャワーを浴びる」

という考え方もあります。

ですが、このシャワーが1日1~2時間程度では、ちょろちょろシャワーを浴びているだけです。

「英語脳を作るには、1日の40%を英語で過ごす事が必要」ともいわれています。

日本語力を鍛えている学生の時

40%も英語で過ごしたら、日本語力を鍛える事の方に影響がありそうです。

社会人なら仕事もあるし、1日の40%も英語で過ごす事は日本にいる限り難しそうです。

この本では、日本語話者に合った英語の勉強のしかたを勧めています。

日本語力を持って、英語を勉強する

という方法で、最終的には

英語力が身に付くと、日本語力も磨かれる

ともいっています。英語熟練者ならではの面白い視点です。

英語力を身に付けるには、型の訓練が重要

この本では、

型を訓練する事の重要性

が、繰り返し述べられています。

スポーツなら反復練習で基本の型を覚えて、それから技を身に付ける。
使える技がたくさんあるほと自由にプレーできる。

上達には、このような法則があります。

英語力でいえば、

文法を覚え基本構文を繰り返す事を無視して、自由な会話などできない

という事です。

ワタシもずっと、自分が英語を話せないのは、

発音を勉強しなかったからだと思っていました。

ですが最近、本気で英語の勉強を始めて、進歩するにつれ

「基本構文などの型の反復練習が足りていない」

事を痛感していたところです。

これを解消するべく、ネイティブキャンプでカランメソッドという、千本ノック的学習を始めました。

英会話教室の問題点

英会話教室に通うときは、

英語を教えられる先生か
英語が話せるだけの先生か

に注意しましょう。両者が教えられる事は大きく違います。

自分たちが、日本語の文法を教えられないように、

英語を話せるだけでは、英語の文法を教えることができません。

すでに読み書きを習得していて、

英会話教室を仕上げの実践の場として使うだけなら、

「英語が話せるだけの先生」でOKかもしれません。

ですが、英語の基本の型を身に付けていない人が、「英語を話せるだけの人」に習っても、

自己紹介や天気の話が流暢にできるようになるだけで、

自由な英語力を身に付ける事は厳しいかもしれません。

早期英語教育:日本語力と英語力はトレードオフか

小さい頃から英語を習わせると頭が良い子はバイリンガルになるが、
そうでない子は、日本語も英語もおぼつかなくなる。

という話をきいた事は、ありませんか?

ワタシのアメリカに住む知り合いも「子供がせめて小学校に入学するまでは、英語を教えない」と言っていました。

実際に、どちらもおぼつかなくなった日本人と会った事もあります。

会話は出来るけど、小学生レベルの日本語しか分からない大人

です。

発音は小さい頃の方が習得するのが楽ですが、

これと引き換えに日本語力を失うのであれば、

発音を習得するのに時間がかかってもいいかなと思いました。

もちろん日本語も英語も見事なバイリンガルもいますし、

英語の早期教育で必ずしも英語力と日本語力がトレードオフになるともいえませんが、

早期教育は慎重に検討した上で、決めた方が良さそうですね。

脱英会話ごっこ

今まで日本人は、

「読み書きはできても、聞けない話せない」

ので英語が出来ませんでした。

ですが現在は、昔と違って音声教材が豊富になりました。

インターネットを通じて、いくらでも生の英語の声を聞くことができますし、安価なアプリもたくさんあります。

音声教材をプラスすれば、学校が旧来の読み書き中心の勉強でも、
英語ができるようになる人が増えるのではないか。

ワタシは現在、ネイティブキャンプ という会社のオンラインレッスンを受けています。

こちらは月6,480円でオンラインレッスンが受け放題です。

一昔前なら考えられない値段ですね。

ネイティブキャンプには、まさにこの本でいっているような、

千本ノック的学習法カランメソッドという教材があります。

ワタシは、3か月前からカランメソッドをやっていて

英語学習をして初めて上達を感じています。

今までの英語の勉強と全然違い、とにかく質問に答えまくる

スパルタ教育でスポーツのようです。

身体に叩き込むのが好きな体育会系の人に向いているかもしれません。

この本にあるように、日本はまだまだ英語学習の迷い子です。

この本を読んで、カランメソッドが色んな意味で日本人に向いている勉強法ではないかと感じました。

月額6,480円でレッスンが24時間受け放題!

タイトルとURLをコピーしました