退職しないでスムーズに産休を取る方法を解説

産休経理&事務

あなたの職場で今まで産休を取った方は、いましたか?
その時どんな印象を持ったでしょうか?
  • 別に何も感じなかった
  • 色々と大変だった

感想が異なるのは、職場のせいでしょうか?

  • 小さな会社だから、産休したら退職せざるを得ない空気だ
  • 大きな会社は産休が取りやすく、小さな会社は産休が取りにくい

産休後に退職せざるを得なかったのは、職場のせいでしょうか?

産休を取り巻く環境は職場のせいにされがちですが、

誰が、どうやって産休を取るか?

という事がより重要かもしれません。

こちらの記事では、退職せずにスムーズに産休を取るコツについてお伝えします。

進化する事務員ぷんすか
進化する事務員ぷんすか

この記事を書く私は37歳で出産したので、
産休を取る立場
サポートする立場
どちらも経験しています。

産休は権利!取って当たり前??

このご時世、産休は取って当たり前でしょうか。

確かにその通りだと思います。

産休を取る事は法律でガッチリ守られています。

産休を取るのは当たり前の権利ですが、

どうやって取るか

に注目してほしいと思います。

「子供を産むから休みます。

あとは宜しく!!チャオ☆」

これでは、ただの無責任な人です。

権利を主張する前に下準備をしておくと、産休がスムーズに取れます。

誰が産休をとるか?まずは会社に恩を売っておく

できるなら産休をとる前の数年間、

仕事を頑張って、

会社に恩を売っておく

と良いですね。

「今まで頑張ってもらったから、何か恩返しをしたい。」

周りにそう思ってもらえると、産休を取るときもスムーズに協力してもらいます。

普段から好感を持たれていると、素直に祝福してもらえます。

好きな人が困っているときは助けたい
嫌いな人の事は、どうでもいい

言葉には出さないけれど、これが本音だと思います。

日頃の行いが悪いと、イザというとき何かと上手くいきません。

誰が産休を取るか?

この人なら何とか産休を取らせてあげたい
そして、産休後は職場に復帰してほしい

と思われる人物になる事を普段から心がけましょう。

どうやって産休をとるか?自分で段取りをする

産休の間の事を会社任せにしていませんか?

産休の主役はあなたです。

小さな会社で、産休の前例がないなら尚更、主体的に動きましょう。

仕事の段取りは自分でシミュレーションしておきます。

私からは次の方法を紹介します。

自分の給料がなくなって浮いた予算を配分する

産休中は、社会保険から手当がもらえるので、

会社からお金を1円も、もらいません。

ちなみに、昔は社会保険だけ会社の負担がありましたが、

現在はなくなり、本当に会社の支出が0円です。

会社的には給料がマルっと浮く

浮いた給料分を予算として、できる事を(勝手に)考えてみましょう。

  1. 派遣やアルバイトを短期的に雇ってもらう
  2. 今いる職場の人にプラスアルファでやってもらう

2のパターンがSNS上でもよく燃えている

「なんで私が休んでいるやつの仕事をやらないといけないの??」

とうやつですね。

問題は

産休を取る人がいる事

じゃなくて、

無給で産休の人の仕事やらせる事

ではないかと思います。

自分の仕事を引き受けてくれた同僚に、お金をあげる事を会社に提案する

産休の人の給料が浮くわけですから、会社的に損はありません。

小さな会社だと、より意見は通りやすいと思います。
(会社が産休手当を払っていると思っている人もいるので、丁寧に説明しましょう)

1万とか2万じゃなくて、5万円以上のインパクトのある金額がベターです。

自分の仕事が1万で出来ると思われてしまっても困ります。

えっお金で解決、、?

と思ったかもしれませんが、仕事をしてお金をもらうのが基本ですから、

そこを

わざわざ回避する方がおかしい

と思いませんか?

「困ったときは助け合うのが当たり前」とう考え方は、やりがい搾取に他ならない
やりがい搾取を解決するものは、お金

仕事が増える分、お金をもらうのは当然ですが、本人からは、なかなか言い出せません。

主張できない人
主張できない人

外人ならガンガン主張するのだろうか。。

産休を取る人が積極的に動きましょう。

仮にこの案が却下されても、努力した事が周りに伝われば

「申し訳ないと思っている」

というメッセージになります。

とはいえ、産休は権利だ

会社から嫌わていても、段取りを自分でしなくても制度上、産休をとる権利は平等にある

というのも事実です。

「休んでる間の事なんか、知ったぁこっちゃない」

という姿勢を貫くことも、選択肢のひとつでしょう。

ですが、産休は戦略的にスムーズに取った方が、その後の仕事も楽になります。

産休は、これから始まる子育てと仕事の両立において「職場に迷惑をかける事」の序章にすぎない。

産休からスタートして、復帰後も子供が小さいうちは、周りの助けを必要とします。

わざわざ、今から嫌われておいて得することは何もありません。

世の中の産休問題、色々あるけれど、

その原因は、

「産休を取る事」じゃなくて、「本人が嫌われている事」

も結構あるかも、、と思います。

タイトルとURLをコピーしました