転職活動前の1ステップ 簡単に自分の市場価値を知る方法

履歴書の学歴欄と職歴欄経理&事務

もし会社がなくったら、仕事があるのだろうか??キャリアも積んだし、もっといい会社で働けるのでは??時折、こういった事を考えます。就職出来た事に満足し、目の前の仕事で精いっぱいだったあの頃から10年、

10歳も年を取ってしまった自分に仕事があるのか
10年もキャリアを積んだ自分にはもっといい仕事があるのではないか

2つの思いが交錯します。自分は、今の会社に搾取されているのか、それとも恵まれた環境にいるのか。。そんな事をふと思い、40歳ベテラン経理事務員の管理者は、実際に転職状況をサクッと覗いてみました。

その1ハローワークで検索してみる

ハローワークのインターネット検索で、条件を絞って簡単に検索ができます。ハローワークとは、企業が無料で求人募集できる公的サービスで、

ダミー求人もなく、信頼できる場所です。

ちなみに、失業保険の給付などの手続きもここで行われます。ハローワークでは、リアルな求人件数を知る事ができます。実際、窓口に行かなくてもWEB上の検索画面で求人要項まで見る事が出来るので、

自分が希望する職種の求人状況の臨場感を感じる事ができます。

実際に応募するには、ハローワークの窓口にいって、紹介状をもらわないといけません。検索画面からサクッとWEB上で申し込む事は出来ません。ハローワークの窓口に行く時間がない場合、企業に直接電話して、「紹介状なしでもいいですか?」ときいてみる手もあるようです。

税理士事務所で税理士補助の仕事はいかが?

「40歳」「埼玉県」「経理職」に絞り検索してみると税理士事務所の事務や税理士補助の募集が多くヒットしました。税理士事務所の事務仕事は、仕訳入力、年末調整、社会保険の申請など、小さな会社でひとり事務員としてやっている今の仕事と内容が被るため、イメージしやすく、私でも出来そうな感じがします。けれど、ここでひとつ問題が、税理士補助の場合、得意先訪問などの外回りが加わる可能性が高いようです。

「えっ外にでるのめんどくさい。。」

ひきこもり事務員としては、「うっ」となりますが、この辺は慣れだろうと思います。また税理士事務所は、

今いる会社と同じようにしょぼい事務所でも休暇や福利厚生など、制度がしっかりしています。

制度を教える側なのだから、当然ですが。事務所自体が、土日祝日、正月、お盆を休むところが多いため、確実に気兼ねなく休めそうな事にとても魅力を感じました。

小さな会社の事務員の仕事はいかが?

今と同じように、小さな会社の経理事務の募集もちょこちょこありました。税理士事務所より、給料は少なめです。募集している年齢制限は経験があれば、税理士事務所と同じく割と高めでもOKそうです。事務員がひとりしかいなくて、安定して長く働いてくれる人を探している会社は、産休を終えた40歳以降の女性を希望するパターンがあります。私が20代の頃、就職活動の面接で実際に言われた事もあります。露骨には、いわれませんでしたが、そのようなニュアンスでした。世の中にはあえて、おばさんを探している会社がある!のです。

もちろん、若くフレッシュな女の子を入れて、職場の雰囲気を明るくしたい会社もたくさんあります。女性の場合、年齢は会社との相性があるように感じます。どちらも差別といえば差別ですが、そんな論点は活動家の皆さまにおまかせて、無理して「お呼びでない」会社に働こうとしない事の方が賢明です。

その2転職エージェントでチェック

いわゆる転職エージェントでも検索してみます。こちらは、ちゃんと登録したり、WEB面接とかしないとそもそも求人すらちゃんと見れない事が多いようです。WEB登録を終えると、担当者から

「応募できる求人はあるが、倍率が高いので厳しい状況」

という趣旨のメールが届きました!転職エージェントの場合、大企業からお金をもらって運営されているので、私たち転職希望者は商品です。私の商品価値は、どうやら低かったようでした。。確かに自分が大企業でバリバリ働いている姿は想像もつきませんが。せっかくなので、ついでに求人状況についてきいてみました。きいた話をまとめると

30歳までがラインで、それ以上45歳迄はプラスアルファの経験が必要。
45歳以上はない。

といった感じでした。ついでに、英語力の要素に加わるとどうなるかきいてみました。(最近勉強中なので。。)

TOEIC700点以上で加点要素ではあるが、それにより求人数が劇的に増えるわけではない。

との事です。なるほど、

年齢・経験値>語学や資格 

という事ですね。

マイナビスタッフ

年イチでハロワと転職エージェントの2本柱をチェック!

上記の方法で、ざっくりとした自分の市場価値が簡単に分かります。市場は日々変化するので、年イチ位でチェックしておく事をおススメします。将来の方向性や今の仕事に対する姿勢も自然に変わってくるでしょう。学生の方も将来の自分の年齢を仮定して検索してみると面白いです。親や先生のふわっとした話でなくリアルな事情が分かります。今の学業に対する姿勢も変わりますね。

今の会社にステイすることを決める

ざっくりと転職状況を見て、税理士事務所など今より制度の整った会社に今と同じくらいの給料で転職できる可能性は感じました。しかし少なくとも1年は、

今のような緊張感のない働き方はできません。

今の会社に10年いるからこそ、10年分のノウハウが蓄積されていて、楽に仕事ができています。それを手放す事に対するリターンが、小さいように感じました。

しかも年齢的に、新しい会社でどんなに修行を積んでも、その次の会社はありません

もうそろそろ、「どこかに雇ってもらう事 」からの出口戦略を考える時期なのかなとも感じました。新しい職場に慣れる事に時間を費やすならば、

今、余裕をもって仕事をしながら、副業、独立の道を探す事に時間を費やそう。

と考えました。転職して、まともな会社で働くことの憧れはゼロではないですが。。

今回の転職活動モドキで、今の仕事を続けながら副業・独立の道を模索することを決めました。

40歳からは正社員枠にこだわらない選択肢も

短大卒業時に、超就職氷河期だった私。

「正社員」「正社員」「正社員」

それは呪文のように頭に刻まれています。「とりあえず正社員」「とにかく正社員」

そんな暗示にかけられています。

「なぜ正社員いいのか??」「正社員のメリットは何か??」あまり考えた事がありませんでした。今の仕事をするまで、正社員の意味を完全に理解していませんでした。正社員は、何に守られて、何が保障されているのでしょうか?一度よく考えてみる必要があります。その答えの一つは、失業保険、傷病手当など保証が手厚い事、有給や退職金もあり単純にもらえるお金が多い事がいえます。ちなみに、水商売時代休むと1万円の罰金を払っていた私は、休んでもお金がもらえる有給という制度が今でも信じられません。。

話がそれました。正社員のもう一つの特典は、クビになりにくい事でしょうか。けれど会社は常に倒産リスクを抱えているし、リストラもあります。

この正社員の長所2点をふまえると

お金を稼いで自分で備えておければ、正社員にこだわる必要がない

と感じます。正社員の募集がなくなる40歳以降は、業務委託で副業、独立の道を探すのもアリかなと思いました。この雇われないライフスタイルは、定年後の働き方にも通じ色んな意味で老後の備えになります。

しかしながら、45歳までは正社員として会社を変えられる、最後の最後のチャンスとも言えます。

今の職場のまま、会社員人生を終えたくないならば、ダメ元でより良い職場を探してみる価値はあります。みつからなかければ、今の会社にステイすればよいだけです。

くれぐれも、最後のチャンスだからと転職活動のために先に会社を辞めない事。。転職先が見つからなかったら、取り返しがつかないので気をつけましょう。

今回の簡単な2つの方法でここまで自分の考えをまとめる事ができました。これまで漠然と考えていた事が具体化した感じです。まだ何もしていない人は是非やってみてください。

タイトルとURLをコピーしました