【簿記1級合格後】財務諸表論の勉強時間はどの位か??取っても意味ない??

税理士試験の合格通知書簿記

簿記1級を勉強していると自然と税理士試験の「簿記論」「財務諸表論」の情報が入ってきます。

簿記1級は税理士試験の受験要件の1つで、「簿記1級」「簿記論」「財務諸表論」の3つは、試験内容も難易度も似ています。

税理士を目指していなくても簿記1級を勉強していて

「簿記論」「財務諸表論」存在がチラついたは、多いのではないでしょうか。

ワタシもその1人で結局、簿記1級を合格後に税理士試験の「簿記論」と「財務諸表論」を取得しました。

「簿記論」も「財務諸表論」も、簿記1級を勉強する前は、全く知らない試験でした。

「簿記論」・「財務諸表論」は、税理士試験の科目の1つに過ぎず、それぞれ合格したところで、税理士のように、何か独占業務ができるわけではありません。

では、なぜわざわざ取得したのか??

それは、簿記1級合格後に、ついでに受かりやすい試験だからです。

簿記1級で終わるのが寂しかった人
簿記1級で終わるのが寂しかった人

財務諸表論を受ける予定は全くなかった

そもそも財務諸表論ってどんな試験??

「財務諸表論」とは、税理士試験の必須科目です。

5科目以上合格が必要な税理士試験で、「簿記論」同様に必須科目と呼ばれるもので、
税理士試験の基礎となる科目です。

主に、会計処理の考え方を学びます。

暗記や、文章での説明も多くて、

とにかく数字を計算していく「簿記1級」や「簿記論」とは少し問題の形態が異なります。

思考力派
思考力派

瞬発力より思考力の試験

簿記一級合格後は簡単に取れる??勉強時間は?

簿記1級もしくは簿記論の合格者の場合、ちゃんと準備すれば合格できる試験です。

努力が報われやすく、税理士試験の中では一番簡単だといわれています。

ワタシは簿記論に合格した翌年の試験で財務諸表論に合格しました。

1日3時間位、1年間の勉強で、猛勉強した」という感じではありません。

最初は、大手予備校に申し込みましたが、

簿記1級、簿記論のあとで、内容が既に知っている事ばかりだったので、

解約して独学に切り替えました。

簿記1級で2年間予備校に通い、勉強法や教科書の使い方に慣れていたので、

学校の教材だけそのまま使い、独学しました。

残りの授業料は月割りで返金されたヨ。

財務諸表論は、努力が報われやすい試験

数字を計算するより、文章で回答する事が多いので、「簿記1級」や「簿記論」のように

最初の計算を間違えたら、その後の答えを芋ずる式に間違う

という大事故が起きません。

必要量の知識をもっていれば合格できます。努力が報われやすい試験です。

財務諸表論と簿記論は、セットで受けるべきか??

内容が重複しているため、「簿記論」と「財務諸表論」はセットで受験する人が多いです。

ワタシは、

簿記1級 → 簿記論 → 財務諸表論

の順番で1つずつ受験しました。

税理士を目指していないし、合格を急いでいなかったので

簿記1級に合格した余力で、とった感じです。

税理士を目指していない人は、私のように自分のペースでゆっくりじっくり

趣味のように勉強するのもアリだと思います。

一方税理士を目指している人は、「簿記論」「財務諸表論」をセットで受験する事をお勧めします。

税理士になるには最終的に5科目合格しなくてはいけないので、1年で2科目合格するチャンスを逃すのはもったいないです。

1年に1科目ずつ受験する2年間より、
2科目同時に受ける2年の方が、合格率は高い。

税理士目指してないのに、財務諸表論をとって意味があるのか??

財務諸表論1つ持っていても、資格としてあまりパワーはありません。

「簿記1級」や「簿記論」を持っていたら、資格として財務諸表論を追加しても意味はありません。

税理士事務所などで働いて、

科目合格手当があれば多少意味がありますが、

金額は大きくないようです。ですが、

「財務諸表論」は1つの資格としてはパワー不足だが、
経理や税務署に対して、理論武装するときにパワーを発揮する。

財務諸表論は、企業会計原則の考えを勉強します。

企業会計というのは、一定の原則はありますが細部まで規則があるわけではありません。

現場の条件、状況は、星の数ほどありますから、全てのパターンを網羅して定めておく事はできません。その都度、一般に公正妥当な会計処理を各々が考えて決めます

会社の経理には、個々の解釈が入る事になる

財務諸表論では、解釈するための原理を学びます。原理を知らないと

「とりあえず、他の会社と同じ会計処理をする

事しか出来ないので、自分の会社に合った会計処理を作る事ができません。

同じ1つの取引でも、解釈により色々な会計処理が存在します。

会計処理が変わると、利益や納税額も変わってきます。

処理のストーリーを理解していないと、税務調査が入ったときも、正々堂々筋の通った説明が出来ません。

「財務諸表論」勉強すると、経理の仕事を自信をもって出来るようになります。

何か間違えたときも

「このような解釈の元に、処理しました。」

とただのミスではなく、解釈の違いだという事が説明できます。

ワタシは小心者でビビりなので、「あの会計処理は、あれでよかったかなあ。。」といつも心配していましたが、財務諸表論の勉強後は、そのストレスがだいぶ無くなりました。

チキンな女
チキンな女

自分を信じられるように!

まとめ:財務諸表論は資格としては微妙だが、経理の知識的には最強

財務諸表論は、簿記1級合格者なら1日2~3時間、10カ月程度の準備で余裕をもって合格出来る資格です。

資格として単独で持っていても微妙ですが、経理や経営者なら持っていて損はありません。

財務諸表論は、試験に合格するよりも学ぶ事に価値がある。

ワタシは、「簿記1級」「簿記論」「財務諸表論」を取得しましたが、

実務において財務諸表論が一番役立っていると感じています。

高い合格実績で選ぶなら資格の大原 税理士講座

ワタシが簿記試験で実際使っておススメの電卓はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました