小さな会社の事務ってどんな仕事?

お茶出し経理&事務

とりあえず「事務職」探している就職活動中のあなた

とりあえす、娘に「事務職」をすすめるそこのあなた

「事務」が実際どんな仕事をしているか、知っていますか?

新卒、一発目の仕事は、その後の人生に影響を与えます。

「誰でも出来そうだし、楽そう」

そんなイメージだけで、「事務職」探していませんか?

ベテラン
ベテラン

この記事を書く私は、小さな会社で10年以上事務をしています。

とかいうワタシもワタシの周りもなんとなく、とりあえず「事務職」を探しました。

「事務職」で、一体どんな仕事をするのか考えようともしませんでした。

絶対ドラマ化されないであろう 事務のお仕事。

こちらの記事では、

「小さな会社で事務をする」

のはどんな感じかをワタシの経験を元にご紹介します。

※大きなオフィスのキラキラOLのはなしではありません。

事務職のお仕事その1:お留守番

日中、社長や現場の人がいない間の留守番をします。来客もないし、昨今は電話もあまりかかってこないのですが、

伝統的に事務員に留守番をさせてきた小さな会社は、

「会社に誰かいなきゃマズイ」

と思うようです。ちなみに何がマズイのかは、分かりません。

皆深く考えていない。

ちなみに内勤がひとりの場合、仕事を早く終わらせると、完全フリータイムになります。(イエィ)ワタシはこのフリータイムのために猛烈に業務改善しました。現在は、獲得したフリータイムで

  • 英語の勉強
  • 簿記の勉強
  • マクロの勉強
  • ブログの執筆

等しています。猛烈に勉強しているので1日2~3時間しか働いていないけれど、怠け癖はついていません。転職してもフルで稼働できると思います。

事務職のお仕事その2:経理

小さな会社の事務員の主な仕事は経理です。

会社の経理を税理士に提出するところまで、やります。

税理士に提出するところまでというのは、会社と税理士事務所の契約によって変わります。領収書の清算から決算まで、ほとんど経理がこなす会社もあれば、

全て税理士事務所に丸投げする会社もあります。

この場合「経理担当」とは、名ばかりで実際、事務員は請求書などの書類を作ったりするだけで、会計帳簿にはほとんど関与しなかったりします。「会計帳簿をつける」というのは経理職の基本で、これをしてないと「経理職経験者」として転職できないでしょう。

経理の仕事は、それぞれの会社が、

「経理の仕事はこんなもんでしょ。」

と勝手に思っている範囲で、伝統的に引き継がれます。

他社の経理と比較する事はないので、会社により経理の仕事の範囲は大きく異なる。

やっている仕事・難易度など、会社によって大きく異なりますが、給料は「小さな会社の経理事務」という一括りで、あまり差がない現状です。

こちらはぜひ改善して欲しいですね。

差がありスギ

お仕事その3.給料計算や役所への申請

小さな会社の事務職なら、ほとんどの場合、給料計算に関わります。給料計算の仕事に付随して、社会保険料の変更、労働保険料の計算や申請などもする場合もあります。

これら労務関係の仕事は、やや細かい点がありますが、役所に連絡すれば直接教えてくれますので、初心者でも心配いりません。

「日本全国には自分よりポンコツな事務員さんが必ずいる」

「そして皆、同じ事をやっている」

そう思えば、どうって事ありません。労務関係も税理士事務所に丸投げパターンがよくあります。

制度を知っていればお得な知識が身に付きますので(=知らないと損する事もアル!)覚えたい仕事のひとつです。

お仕事その4:色々な書類作成

請求書や資料など、主にエクセル・ワードなどを使って作成します。

ほとんどは、パソコンを使った作業です。

事務職でパソコンが全く使えないという人は、まずいませんが、

詳しくない人は、たくさんいますね。

パソコンスキル(ITスキル)があると、小さな会社では、

覇権を握れる事があります。

皆が自分に教えを乞ううちに、なんとなく偉い人になってきます(笑)

自分で調べずに何でも聞いてくる人は、

退職するまで「パソコンに詳しい事務」の人を頼ってくるでしょう。

お仕事その5:お掃除

小さな会社の事務員になったら、避けては通れないないのが、掃除です。

それなりの規模の会社の場合は、清掃会社が入っている事が多いでしょう。

家族以外の人が使ったトイレ掃除って、めっちゃ抵抗がありますよね。。

「トイレ掃除の人を下にみる」とか、「トイレ掃除も素晴らしい仕事だ」とか、

そういう事を主張したいわけではありません。

ただやりたくない人は、多いでしょう。。

未だ、掃除に抵抗がある人
未だ、掃除に抵抗がある人

話はそれますが、

YOU TUBEのチャンネルR25で、ゲストが杉村太蔵さんの回を観ました。

この番組の中で、

「日本一の下足番になれば、誰もあなたを下足番として扱わない」

という話をしています。

「日本一トイレをピカピカにする事務員」

というかそれも含め

「日本一の事務員の仕事の1つ」

というモチベーションで掃除すると、視点が変わるような気がします。

事務員が楽がどうかは人による

普通の人にとって、事務は楽な仕事です。

けれど、以下の条件が満たせない場合、事務は楽な仕事ではありません。

  1. 経理など、数字を扱うのが得意(算数が苦手ではなかった)
  2. 書類作成とか、めんどくさい事が苦ではない(作文が苦手ではなかった)
  3. パソコンが苦手ではない

この3つの条件を満たせないと、事務の仕事は大変です。

苦手な事を毎日するのは、苦痛ですよね。

何も知らずに、楽そうだからと事務員になってしまうと失敗します。

「事務なんて誰でもできる」と世間の人は思っています。

世間の人が簡単にできるからといって、自分も簡単にできるとは限りません。

実際に事務の仕事が出来なくて、苦労している人をみた事があります。

「メールしておいてといわれたが、実際どんな文章にしたらいいのか分からない。」

というように、「毎日が分からない・できない事だらけ」で苦しそうでした。

こんな人にとって、事務は決して楽な仕事ではありません。

ここまで読んで、「事務の仕事」にイメージが湧いてきましたか?

大方、「楽そうだし、自分にもできそう」と思ったのではないでしょうか?

自分には向いていないと「ギクッ」とした人もいるかもしれません。

「ギクッ」とした人や「つまらなそう」と思った人は、

あえず・なんとなく事務員の発想から脱却して、

是非自分に合いそうな、他の仕事も探してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました