商業高校から簿記で人生逆転する方法

学校に行く学生のピクトグラム簿記

あなた(もしくはあなたのお子様)は、なぜ商業高校に通っていますか?


「本気で商業の事を学びたかったから」

という本来の目的で通う人の方が少数派ではないでしょうか?

  • 進学校にいける偏差値がなかった
  • 地元だから

どちらかというとこちらの理由が多いのではないでしょうか?


「大学にも行けるか分からないし、自分の人生はこの先どうなるんだろうか」

と漠然とした不安にかられる事はありませんか?

簿記で人生一発逆転のシナリオ

商業高校は、進学高と違い「簿記」を勉強します。

簿記オシの女
簿記オシの女

簿記には夢がある

  • 簿記2・3級を取る → 地元の小さな企業の就職に有利
  • 簿記1級を取る → 大学推薦がもらえる、大企業の就職に有利、税理士試験の資格がもらえる

税理士・会計士・USCPA、、簿記の勉強の先には、カッコいい資格・職業があります。

ここまでくると学歴なんて全く関係ない世界です。

資格があなたの頭の良さを証明してくれます。

AIの発達で税理士はいらなくなるとか色々な未来を予想する話もありますが、

たとえ経理や税理士が職業としてなくなっても、

会社というものが存在する限り、簿記の知識は必ず生かせる職業があります。

お金を稼ぐために会社はありますから、お金の計算ができないと成立しません。

簿記の知識が無駄になる心配は無用です。

高度な簿記知識を持つ人は、色んな分野で活躍できます。

高度な簿記知識まで届かなくても、最低限簿記3級をとれば、履歴書に書く事ができます。

簿記3級の知識でも、もちろん社会人になってから生かせます。

今後の人生に、役立つ事はあっても足をひっぱる事はありません。

簿記1級講座で商業高校生と出会う

私は社会人になってから、簿記の大手予備校に通いました。

簿記3・2級講座のときは見かけなかったのですが、簿記1級講座では、なぜか高校生を見かけました。

制服姿の彼らが大人に混じって教室にいて目立つし、興味シンシンで観察しました。

そして話をきいてみると、どうやら彼らは商業高校の学生で簿記1級に挑戦しているとの事。

失礼ながら、

「あれ商業高校って偏差値低いのに簿記1級までできるの?」

と思いました。

確かにここまでたどり着けない子の方が多いでしょう。

他の子を突きはなし、簿記1級までやってきちゃう子がいる事実。

30歳の私が17歳の彼らが同じ資格を目指し、勉強しているという事実。

簿記1級は30歳の私より、まだ17歳の彼らの人生の方が活躍する事でしょう。

17歳のときの私は、簿記のボの字も知らず、

ファミレスのバイトで目先の1万円2万円を稼ぐ事にこだわっていました。

簿記で人生逆転できたら、月1、2万なんて簡単に回収できますが、

当時の私は、将来に不安を感じつつも、その事に気づけませんでした。

周りの手厚いサポートがうけれる

商業高校で、簿記1級合格者が出るとその学校の実績になります。

簿記1級合格者がいる事は学校の宣伝になりますし、先生たちは、頑張っている学生を純粋に応援したいと強く思っています。

学生なら、学校の施設や先生を思いっきり利用できます。
これらの資源は、卒業したらタダで使えません。

簿記1級講座にいた高校生の場合も、担任の先生が、熱心に勉強方法などを専門学校に相談していました。

高校生が<br>まぶしい
高校生が
まぶしい

至れり尽くせり

先生や学校からのプレッシャーがかかるかもしれませんが、

それもまた資格取得への原動力になりますので戦力のひとつです。

仮に試験に落ちても誰もあなたをせめませんし、

全員が「頑張ったね」と優しく接してくれる事でしょう。

高校1年生から簿記をスタートできたアドバンテージ

税理士などの難関資格に挑む人は、大抵進学高を卒業し、早くても大学1年生から簿記を勉強する人がほとんどです。

商業高校にいると1年生から簿記を勉強しますので、

3年も早くスタートをきる事をできます。

しかも、進学高に通う彼らが難しい古文、漢文、、、資格と全く関係がない勉強をしている間に、

商業高校なら授業でやってしまう事が出来ます。

社会人になってからの勉強は、時間の確保も大変だし予備校の金がかかる。

学生のうちに出来る事は、学生のうちに、さっさと終わらせておきたいですね。

ちなみに、簿記を勉強すると会社の仕組みを理解する事が出来ます。

実際に社会に出て働くまで会社がどうやって従業員に給料を払っているかなんて、リアルに分かりませんよね。

この辺の感覚を先に掴んでおくと、就職活動で会社を選ぶときの判断に非常に役立ちます。

私の場合、新卒でシステム系の会社に就職しましたが、
自分の給料がどうやって発生しているのか、理解できていませんでした。

最後に

意識しなければただの簿記の授業ですが、

野望を持って勉強してみると人生変わるかもしれません。

私が簿記の勉強を始めたのは社会人になってからですが、人生変わりました。

学生ならきっと、もっともっと変わる事でしょう。

高い合格実績で選ぶなら資格の大原 簿記3級講座

高い合格実績で選ぶなら資格の大原 簿記1・2級講座

ワタシが簿記試験で実際使っておススメの電卓はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました