簿記一級試験対策:電卓は左手で打つべきか?

電卓簿記

簿記一級の勉強で初めて知ったスキル、それは

右手でペンを持ち、左手で電卓を打つという事

簿記一級は、

ペンを持ち替える暇がないほど時間がなくて、
電卓をめっちゃ打つ

試験です。とはいえ最近は、
正確性が重視され、電卓の左手打ちをあえて勧める予備校は少ないようです。

こちらの記事では、実際に左手で電卓を打つスキルを身に着けた私が、
その必要性についてお伝えしたいと思います。

でも事務員
でも事務員

こんにちは、進化する事務員ぷんすかです。

簿記一級、簿記論、財務諸表論に合格しています。

電卓左手打ちのデメリット

電卓を右手から左手打ちに変えると、最初は

正確性を失います。

簿記一級試験合格に重要なのは、スピードよりも正確さ

どれだけ早く多くの問題を解いたかよりも、どれだけ多く正解を出せたかの方が重要です。

電卓の左手打ちで

正確性を失っては、本末転倒

です。

電卓左手打ちのメリット

電卓左手打ちのメリットは、何といっても時間の短縮です。

右手にペン、左手に電卓のポジションを固定できて、ペンを持ち替える時間を短縮できます。

簿記一級試験は、回答の8割以上に電卓を使いますので、
計算の度にペンを持ち替えていると時間がかかってしまいます。

問題の量も膨大で、試験時間にはあまり余裕がありません。
合格には解くスピードが必要です。

電卓の左手打ちは、右手の負担を軽減する

簿記一級合格には猛烈な勉強量が必要です。右手ばかり使っていたら、身体のバランスが崩れて疲れます。空いている左手を使って電卓を打つのは、合理的な身体の使い方で疲労を軽減してくれます。

簿記一級は、電卓を打った分だけ合格に近づく

簿記一級において、

電卓を打った時間 = 勉強量です。

勉強した分だけ、電卓の左手打ちも正確になります。

左手打ちの正確性をマスターできないなら、それは勉強時間が足りていないという事かもしれません。

試験以外でも使えるスキルになる

電卓を左手で打つスキルは、簿記一級試験以外でも使えるスキルです。
普段の仕事のPC作業でも、右手の負担の方が重くなりがちですので、電卓の左手打ちは便利です。

試験を終えて<br>5年以上
試験を終えて
5年以上

今でも、左手打ちの方が正確

まとめ:必須ではないが電卓左手打ちは、できた方がよい

簿記ー級試験において、電卓の左手打ちは必ずしも絶対必要なスキルではありません。右手打ちでも合格している人はたくさんいます。

ですが、電卓の左手打ちが時間的に有利なのも事実です。

そして、左手打ちを覚えるのは、実はそんなに難しくありません。

個人的には、電卓左手打ちの習得をオススメします。

ちなみに、私が簿記一級試験で使っていた電卓はこちらです。

スタンダードなものですが、なぜか使い安く、現在も仕事で使っています。(電卓選びは、意外と重要

何個か試した人
何個か試した人

電卓の使いやすさは、値段に比例しない

タイトルとURLをコピーしました