来たゾ来たゾ!迷惑なお歳暮シーズン!会社のお中元お歳暮は廃止か

お歳暮のメロン経理&事務

今年もやってきましたお歳暮シーズン!

トヨタなどをはじめとする大企業では、既に廃止しているところも多くあります。

中身が伴わない形式上のやり取りを止めようとする虚礼廃止という言葉もあるようですね。

我が社のような、しょぼい会社の場合、

「そんなの関係ねぇ、、つうか知らねえっ」

てな感じで、お歳暮・お中元は毎年、普通に送るし、普通に届きます。

経済的な理由で、数を減らすことはありますが。。

ベテラン経理
ベテラン経理

この記事を書く私は、
しょぼい会社のひとり事務員として、10年以上お歳暮と付き合っています。

お歳暮シーズンは年末の忙しい時期と重なる

お歳暮を贈る時期は、正式には12月13日から20日です。

世間的には12月中なら OK という感じでしょうか。

この時期は年末で、会社が忙しい時期と重なります。

ちなみにフライングで12月前にお歳暮を送ってくる会社もありますが、
早ければいいってものではないので、これはこれで気になります。。

我々事務員はお歳暮の対応で、地味に仕事が増えます。

  • 玄関で受け取る(不在なら再配達手配)
  • 包装を開け、中身を確認、社長に連絡
  • 事務所で食べるか、どう分けるか、誰がどう持ち帰るか確認
  • お礼状を送る

持参された日には、更に面倒くさいです。

アポなし持参の人も多いですね。

「コロナなんて関係ねえっ」ていう感じでしょうか。

顔出すことに意義があると思っているようですが、社長に会えるならともかく、

アポなし持参の社長不在で、

私のような雑魚社員に顔を見せたところで、ビジネス上の利益はなさそうですが。

もらって微妙なお歳暮

せっかく送ったのに、相手が喜ぶどころか迷惑なお歳暮があります。

お歳暮で避けるべきもの:フルーツや野菜などの生鮮食品

確かにインパクトはありますが、それだけです。

  • 包丁で切ってその場で分けるのが、めんどくさい
  • 持ち帰るにしても重い(電車なら最悪)
  • 腐る・日持ちしない
  • 冷蔵庫を占領
  • 置き配ができないから、再配達などの段取りがめんどくさい

お歳暮で避けるべきもの:お菓子

小分けにできるし軽いし、確かに便利ですが安易な発想です。

お歳暮・お中元は、だいたいお菓子です。

有名どころのどんなに美味しいお菓子でも、その他大勢のお歳暮と一緒にされてしまいます。

誰が送ったかなんて気に止めてもらえません。

迷惑をかけるわけではありませんが、戦略的な経費の使い方ではありません。

戦略的に、お歳暮を贈ろう!

お歳暮を贈るなら、少しでもビジネス上のメリットのがあるよう考えたいです。

  • 迷惑が掛からない
  • 会社名とお歳暮をセットで覚えてもらう
  • 毎年、楽しみにしてもらう

つまり

  • 社員が簡単に分けられて
  • 家でも話題になるような、ちょっと変わったもの

が、良いと思います。

例えば私だったら、以下のようなものを送ります。

↑美味しい塩(普段自分も使っていて、人に勧めたいもの)

↑つまみ系(燻製が好き)

名刺代わりに、「この会社は、毎年〇〇」と覚えてもらうがベスト
めんどくさがる事も大事
めんどくさがる事も大事

毎年考える手間も省ける

お歳暮より年始の挨拶をお勧めします

お歳暮より年始の挨拶をすることをお勧めします。

なぜならば

  • 暇な時期で、相手に余裕がある
  • ライバルが少ない

からです。

ちなみにお年賀に自社の名前が入ったタオルを渡すことはやめましょう。なぜなら

  • センスがないと思われる
  • やっつけ感がある

からです。センスがないと思われると、仕事上も気が利かないと思われるかもしれません。

その辺で買ったたい焼きでも渡した方が、よっぽどマシです。

まとめ:適当にお歳暮を贈ると損するだけ

お歳暮を

  • 適当な人が
  • 適当に選んで
  • 適当に送っていた

なら、注意しましょう。

相手のことを何も考えていませんね。

これこそ、まさに虚礼です

お歳暮もお中元もお年賀も、やるならちゃんと考えて意味のあるものにしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました