簿記一級合格後の簿記論は、どれくらい勉強が必要か?

合格通知書簿記

簿記3級2級と合格し、ついに簿記1級まで合格すると、

一応簿記系の資格を最後まで取ったといえます。

ですが、ここまで長年簿記の勉強してきた人は、

「ハイ簿記の勉強終了~♪」

という気持ちにならない人が多いのでは、ないでしょうか?

なぜならば、簿記1級は税理士試験の前提資格だからです。

簿記1級合格すると、簿記論いくかどうか?誰もが一度は考えるのではないでしょうか?

とまらなかった女
とまらなかった女

この記事を書く私は、簿記1級後、簿記論いったクチです。

簿記一級合格後の簿記論は、1日2~3時間の勉強で半年後に受かる

私は、11月の簿記1級試験に合格して、翌年8月の簿記論の試験に合格しました。

1月下旬頃から勉強して、勉強期間は約半年位だったと思います。

毎日3時間位の勉強で、スムーズにいった感想です。

毎日3時間ときくと、めっちゃ勉強してると感じるかもしれませんが、

簿記1級を勉強した人からすると、「あ、そんなもんか」と感じられると思います。

旅行にも行ったし、普通の日常を送れます。猛勉強という印象はありません。

すでに知識があるため、余裕をもって楽しく勉強が出来ましたね。

簿記1級と簿記論の内容は似ていますが、

簿記1級合格直後に、そのまま簿記論を受けても受かりません。

似ているだけで、全く別の試験です。

細かい話をすると、簿記1級ではシャープペン消しゴムを使いますが、
簿記論では、なぜかシャーペンがダメで、黒か青のボールペンを使います。

消しゴム使いたい人
消しゴム使いたい人

なぜゆえ?

ちなみに、自分は模試でインク切れを起こし、大失敗した事があります。。

とにかく、、簿記1級の次に、簿記論を受けるには、時間配分の感覚など色々と調整が必要です。

簿記一級と簿記論の違い

簿記1級と簿記論は、勉強する内容も量もさほど違いはありません。

ですが、別の試験なので、問題の出され方には大きな違いがあります。

簿記論の方が圧倒的に問題数が多く、試験ではより時間が足りなくなります。

簿記論は、何よりも問題を解くスピードが必要になります。
ですが簿記論の方が難しいという意味ではありません。

問題数が比較的少ない簿記一級では、 簿記論のように「分からない問題を飛ばして捨てる」ということが、できなくなります。

簿記1級と簿記論、難易度は同じ位ですが、

実力がなくても、運よく受かるという事があり得るのが、簿記一級
実力が反映されやすい=努力が報われやすいのが簿記論

というのが、どちらも受けた私の感想です。

簿記一級と簿記論、両方取って意味はあるのか?

税理士試験を受けるために、簿記1級をとって、簿記論というステップを踏んで、結果的に両方持っている人は、たくさんいます。

ですが、税理士を目指さない人が両方持っても資格的に全く意味はありません。

最初に述べたように、簿記1級と簿記論は、難易度と内容がほぼ同じです。

履歴書的には、どちらか一つでも二つでも同じ実力だと思われます。
二つあったら、

「あー勉強好きなんですねー」

と思われる程度の差です。

ですが、ついでにとっておくのもアリかなと思います。

私は簿記1級の勢いと余力でとりました。
簿記論に興味があるというよりは、


「後からでは、絶対ついでにとれない」

と思ったからです。

簿記一級合格後、簿記論を受けると、、

資格的には、両方とっても意味はありませんが、勿論、学問としては意義があります。

簿記一級で知識を広く身につけたあと、簿記論で瞬発力を鍛えると、とにかく簿記的感覚が体に染み付きます。
大げさにいうと、スポーツ選手が、いちいち考えなくてもベストな動きができてしまう事とよく似ています。
無意識に体が動いてしまうように、無意識に正確な会計処理ができるようになります。
間違った会計処理をしていると、

「なんだか気持ちが悪い」

と思えるようになります。

また、勉強を続けていくウチに「ちょっと税理士目指してみようかな」とか思ったりもしますね。

私も少し検討しました、、なんかカッコいいなーと思って。

会社の担当税理士が、電話で社長に怒鳴られているのをみて

「無理無理」

と思い止めましたが。。

高い合格実績で選ぶなら資格の大原 税理士講座

高い合格実績で選ぶなら資格の大原 簿記3級講座

高い合格実績で選ぶなら資格の大原 簿記1・2級講座

ワタシが簿記試験で実際使っておススメの電卓はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました