社会人になってから、日商簿記3級をとるコスパはいかに?

そろばん簿記

私は簿記系の資格をほぼコンプリートしています。

  • 日商簿記3級・2級・1級
  • 全経簿記上級
  • 簿記論
  • 財務諸表論

この中で最もコスパが良いのは、ぶっちぎりで簿記3級です。

コスパが良い理由:簡単なのに評価される

簿記3級は簡単です。

一般的には100時間といわれ独学も可能です。

偏差値50位の人なら「社会人で週末だけ勉強」でも2,3か月で受かります。

普通このレベルの資格が、評価される事はありません。

教養があるんですね、、という程度でしょう。

ですが、簿記3級は違います!

経理職で求人検索すると、

簿記3級以上という条件を出す会社が結構あります。

営業職でも簿記3級を持っていると経理の事も分かっていると判断されます。

簡単なのに評価される資格って、簿記3級以外にあるのでしょうか?

簿記3級は、なぜ評価してもらえるのか?

簡単なのに、なぜ簿記3級は評価してもらえるのでしょうか?

それは、簿記が会社経営上、絶対必要なのに、学校で習わないから(商業系を除く)
みんな知らない

「読み・書き・そろばん」のうちのそろばん部分が、義務教育に欠けています。

簿記とは会社のお金を

どうやって計算するか?

どうやって記録するか?

というルールです。

このルールを元に会社の税金も決まっていきます。

経理のおばさん
経理のおばさん

全ての会社が使っている技術

簿記は、実践で身に着けるのが意外と難しい

普通の〇〇検定や〇〇資格は実務でやっていると、

勉強しなくても試験を受けなくても

同等の実力が実践で身についたりします。

簿記は、この図式にあてはまりません。

経理課で毎日、領収書の清算や、お金の出し入れをしていても、

簿記3級の入り口部分しか理解できません。

ベテラン職員として目の前の経理の仕事を完璧にこなす事は可能ですが、

何年やっても仕事の本質は理解はできません。

本人も最後まで理解できていない事に、気づかないかもしれません。

簿記3級は、会社のお金の動きの全体像を学びます。
もっと細かい話を知りたければ2級1級と進んでいく仕組みです。

簿記3級を学ぶと、経理職に限らず、

自分が会社の数字のどこを作っているか

自分の役割は何か

を理解する事が出来ます。

簿記3級の知識はマルチに活躍する!

簿記3級が役立つ場面はたくさんあります。

  • 会社員(経理、営業、etc)
  • 経営者(自営業者も)
  • フリーランスの人
  • 投資に興味がある人
  • 家計
  • PTAや自治会の予算など

とにかくとにかく、あらゆる場所に簿記は存在します。

個人的には簿記3級を持っていないのに、社長をしていたり、個別銘柄の株を買う人が信じられません。

個別株を簿記知識ゼロの夫が買ったとき
個別株を簿記知識ゼロの夫が買ったとき

マジかよ。。

まとめ:その辺のビジネス本より簿記3級の方が有益

ここまで読んで、簿記3級が色々な場面で役立つ事を知って頂けましたか?


何度もいいますが、簿記3級は簡単な試験です。

簿記3級は、取るかどうか考える程のものではありません。

興味のある本を読んでみる位の感覚で、勉強する感じのものです。

簿記3級は本当によくできた試験内容ですので、

その辺のビジネス本を読むより

サクッと簿記3級を受けてしまった方が多くの事が学べます。

そして社会人になってから簿記3級を学ぶと、内容が理解しやすく、実感があるので楽しいと思います。

簿記にハマって突っ走った私が、

最終的に一番コスパがいいと思っているのは簿記3級です!

高い合格実績で選ぶなら資格の大原 簿記3級講座

高い合格実績で選ぶなら資格の大原 簿記1・2級講座

簿記試験でワタシが実際使っておススメの電卓はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました