さらにめんどくさい領収書清算!経理泣かせの自由な領収書たち

経理&事務

世間では、領収書清算の自動化が進んでいますが、
しょぼい会社では、経理担当が手作業で清算しています。

ベテラン経理
ベテラン経理

この記事を書く私は、しょぼい会社で10年以上経理をしています。

山のような領収書の清算を10年以上やっていると

ほとんどの領収書を一目見ただけで計上していく職人のようになります。

ベテラン経理は、領収書をみて反射的に「日付・勘定科目・支払先」を分別します

まるで工場で弁当詰めをするライン工のよう。。

ですが、たまに一瞬でさばけないやっかいな領収書に出くわします。

迷惑ファイルその1:おしゃれな領収書

日付がアメリカ式

Mar.24th.2021(2021年3月24日)

全て英字(無駄にローマ字)

デザイン性のある配置

領収書で個性を出さないでほしい。

日付は右上!金額真ん中!受取人は右下! でお願いしたい。。

迷惑ファイルその2:但し書きの情報量がゼロ

  • 「お品代」→ お品ってなんですか?
  • 電気屋で「機器」 →そりゃそうだろう。。
  • 「型番」のみ記載 → ハイ、我々がネットで検索します。。

誰の何のための但し書きなんでしょうか。

情報量が足りないので、清算するとき領収書の裏に、手書きで具体的な品名を書いたりしますね。

備品かどうかはこちらで決めるから、但し書きに商品名を書いてくれないかしら??

迷惑ファイルその3:値引き前の金額が大、支払金額が小

値引きしたらなら、安い方を強調してほしい。

ダレトクのデザイン。。

迷惑ファイル番外編:店名に読めない漢字を使う

我々経理職員は、IMEパッドに、マウスをプルプル震わせながら書いて変換します。

迷惑ファイル番外編:店名に当て字を使う

一発で変換させてほしい。

当て字を使うと検索のとき、不利なんじゃないだろうか?

領収書に必要な情報とは?基本の3つ

  1. 支払金額
  2. 何を買ったか
  3. どこに払ったか

この3つだけ分かればいい、、というかこの3つ以外いらない。。

レシートを捨てて、わざわざ手書きの領収書をもらってくるおじさん。

手書きの領収書の紙の方が、りっぱに見えるかもしれないけど、

それはまやかしよ。

まとめ:スタンダードな領収書のメリット

スタンダードな領収書のメリットは、

  • 清算する経理担当が入力しやすい
  • パッと見で分かりやすいので、もらった人が出し忘れない

事くらいでしょうか。

「分かりづらい領収書だから、次からこの店に行くのをやめよう」

とは思わないので、自由な領収書のままでも
お店側にデメリットはないかもしれません。

ですが、メリットもありません。

普通は、

イケてるおしゃれな領収書だからまた行こう

という気持ちにはなりません。

というわけで、領収書を作るときは、是非とも普通のものでお願いしたいです。

by経理一同

タイトルとURLをコピーしました